蓮花寺紹介

永代供養 器 大五輪塔について

永代供養器では、お預かりした、ご遺骨は大五輪塔に納め、全ての方に安心してご供養頂けるよう、建立致しました。通常の合祀墓とは違い、意味をもった「器」に納骨することが最大の供養と考えます。

五輪塔に納める

「日本人のお墓」の意味、考え方、供養など「五輪塔」という墓形を通じて高野聖たちが全国に広め、真言密教に限らず他の他宗にも理解され、これがお墓の基準となったと考えられます。密教において創始された塔形で、下方より地輪、水輪、火輪、風輪、空輪の五部を積み上げ、地・水・火・風・空の五大を現すものとし、この形態を胎蔵界大日如来の三昧那形(密教で、仏、菩薩が一切衆生を救済するためにおこした誓願を象徴するもの)とします。

永代供養「器」の大五輪塔

永代供養「器」の大五輪塔
四方梵字が彫られ、圧倒的な佇まい。参拝もしやすく、お花、お線香も上げられます。
  • 納骨スペース
  • お名前が彫刻される浄土雲石誌
    ※彫刻を申し込まれた方のみの彫刻となります。
蓮花寺平成霊園 永代供養「器」送骨納骨・永代供養について、お気軽にご相談ください。Tel.0742-81-8981(ハイ ハクアイ[博愛]) お問い合わせ・お申し込み
Copyright (c) 石の伏見 All rights reserved.